<   2009年 10月 ( 15 )   > この月の画像一覧
フードフェスタは「広島アートスケープ」に出店しました。
f0199668_11444531.jpg10月24日(土)・25日(日)フード・フェスタの関連イベント、「広島アートスケープ」に満月農園も出店しました。
フードフェスタのほうはものすごい人、人、人、、のようでしたが、こちらは川辺でゆったり。
ゆるゆるライブを聞きながらのんびり店番。
一日目は河川敷の石畳の上だったのですが、通りがかりの人が寄りにくいのでは?ってことで2日目は桜並木の下の芝生に移動。
ここの場所が私はとっても気に入りました!
やっぱり日本人、石の上より草の上が落ち着きます。
気持ちいい生音と、気持ちいい仲間達(グラスルーツの皆様、ありがとう!)と、気持ちよさそうにぷらぷらと休日を散歩するお客さんたちとのおしゃべり。いい一日でした。

f0199668_11444540.jpgあつあつ焼き芋、大好評でした。
実際、激うまでした!
甘~くってほっくほく♪
夫よありがとう!

その他、葉つき人参、小松菜、満月京子特製スイーツ、はぜ干の新米、さわし柿などなど販売。

f0199668_11444573.jpg今回のメインは干し柿です。
もうできあがったものの販売と干し柿つくりのワークショップをしました。

普段は子供の手の届かない軒下の高いところに干してあるのですが、
→このようにお客さんが手に取りやすいように低めの位置につるしたのが間違いでした。

満月弟、縄から引きちぎってはむしゃむしゃもぐもぐ。
ん~おいちい!とまりません!!!
売り物なのに~と父ちゃん涙、、、

種まで丸呑みしているみたいで今日のうんちは柿の種がまるごと何個もでてきちゃいました(涙)

子供の舌も虜にしちゃうこの干し柿、まだまだ若い感じの今の干し具合、絶品です!
干し柿の注文、受け付けてますので是非!

f0199668_11444567.jpg

さて、干し柿つくりのワークショップですが、みんなに稲刈りをしてもらった稲わらで、干し柿をつるす縄をない(縄を編むことを”なう”といいます。)
渋柿をむいたものをつるしてお家に持って帰って数日ベランダで干して完成。

みなさん、最初はなかなか縄にならなかったりして苦心していましたが、でも最後にはとっても上手に丈夫な縄を作っていました。
きっと何世代にもわたって稲作を繰り返してきた私達日本人の遺伝子にはわら縄をなうことの記憶がどこかにインプットされているんじゃないんでしょうか。
私も夫も、うちの満月兄もたいして練習などしなくてもとても上手になうことができるようになりました。
こんな風にみんなで火かなんか囲んで秋の夜長に私達の祖先はわら縄をなったり、いろいろなわらの手仕事をしてたんじゃないかな、なんてことを思ったりしました。
[PR]
by mangetunouen | 2009-10-26 23:00 | 日々
古代米の稲刈りとノーニュークスの絵
f0199668_1138534.jpgすっかり報告が遅くなってしまいましたが22日木曜日に古代米の稲刈りをしました。
今回は土日になかなか都合がつかないお友達家族の為にあえて木曜日。
彼は五日市の某有名老舗洋菓子屋さんのパティシエです。ステキ!
少し遅れて11月から満月農園の近所の某有名老舗喫茶店の店長となる若い男の子もお手伝いにきてくれました。
なんだかちょっとおしゃれな飲食業界の若者対決です!
いろんな業界裏話なんかも聞きながら、いつもの超賑やかな児童館か保育園状態の満月稲刈りとはうってかわって、のんびりうららかな秋晴れの空の下の作業でした。
夕方から、さらにもう一家族駆けつけてくれて、日も暮れる中、最後の稲刈りをしました。

f0199668_11385394.jpg写真では解りにくいですがパティシエの息子くん(年長さん)、バインダー操作頑張っています。

満月農園の稲刈、延べ100人以上の方が来てくださってお手伝いしていただきました。
お蔭様ですべて終了しました。
ありがとうございました。

うるち米は完売しましたが、まだもち米、古代米はあります。
よかったらどうぞ。

田んぼはこのあと、麦を植える予定です。
これが私はとっても楽しみです。
麦が自給できるなんてステキすぎます!
麦味噌、うどん、パンやクッキー、ケーキなど、いろいろつくれちゃいます。
わ~い!

f0199668_11385333.jpg前の記事にも夫が書きましたが、20日(火曜日)に「未来につながる命を育てる会」の申し入れに中電に家族でいってきました。

お友達のかえるちゃんに、「当日みんなにアピールできるような旗か横断幕をふわっとしたイメージで書いて~」とお願いされたのですが、、、、
どうもデモ特有の雰囲気が苦手なのと、大きな布に絵などを描く時間的、精神的な余裕がなかったので、
久々に小さい絵を三枚ばかりササッとゆる~い感じですが書いてみました。(二枚しか写真ないですね、ゴメンナサイ)

これが思いのほか楽しかった~!!


f0199668_11385322.jpg実はついこの間まで(満月弟を妊娠するまでかな)、細々とですがもう何年も絵を描いたり、土をいじってみたり、石を彫ってみたり、木を削ってみたり、、なんてことをつづけていたのです。私も夫も。

それがどう転んでか今は田畑を耕しています(笑)

ま、考えようによっては同じようなことかな。
同じように、手を動かしてなにか作りだすって意味で。

でも絵を描くのってやっぱり楽しいな♪
そしてやっぱり私、「、、、、絶対反対!」とシュプレヒコールをあげたり、座り込みしたりするより、こういう形で表現するほうが好きみたいです。
[PR]
by mangetunouen | 2009-10-26 22:38 | 日々
中電申し入れ!行って来ました
  昨日、「未来につながる命を育てる会」が、中電に申し入れにいきました。僕達もそれに合せて、中電に行きました、賛同者が3500人ほど(こんな短期間で!ママさんのつながり、思い、すごい!!)にもなったそうで、みんなの関心が広がってきているようです。
 実際の申し入れは、こちら側の質問や要望に対して、都合の悪い場合は、「わかりません。」などという感じ、話は平行線で、話し合いにならなかったそうです。しかも、撮影などは制限され、明らかに報道によって世論が、この問題に関心を持つことを避けようとしています(毎度ですが)。一方で、エコでクリーンなエネルギーとCMといってみたり、オール電化オール電化といいながら、節電節電といったり、やりたい放題じゃん。と、思ってしまいます。TVや新聞といったスポンサーあっての媒体の情報とそれ以外からの情報を選んで、皆さんみてくださ~い。
 章人
[PR]
by mangetunouen | 2009-10-21 23:15 | 上関原発のこと
フードフェスタは干し柿つくりと新月の田んぼの稲刈
★場所ですが先日記載したものが間違っていました。
 子ども文化科学館、青少年センター西側の[親水テラス]、川沿いのエリアになります。
 スミマセン   10月22日記


f0199668_20405675.jpg


渋柿を収穫して


ムキムキムキムキ、、、、、、


f0199668_2040566.jpg
紐につるして、、

軒先に。


そう干し柿です!
日本のあま~いあま~い甘味。

今度の土日は干し柿作りのイベントです。



f0199668_20405652.jpg10月24日(土)・25日(日)
「広島アートスケープ」広島城周辺で開催される、フード・フェスタの関連イベントに満月農園も出店します!

場所 子ども文化科学館、青少年センター西側の[親水テラス]、川沿いのエリアになります。
 
時間 10時~5時
ワークショップは、11:00,13:00,15:00の一日3回、各10名ほど

★干し柿をつるごと販売、どうぞ持ち帰って軒先につるし、お宅でおいしくなるまで熟成させてください。
★干し柿つくりのワークショップします。渋柿を剥いて、稲わらをない(わらを編み、ひもをつくります。)、つるします。干し柿を使った料理やお菓子のレシピ、差し上げます。
★満月京子特製、干し柿をつかったお菓子も販売予定。
★満月農園の新鮮な無農薬有機野菜販売。

f0199668_20405687.jpg
我家の縁側、今年も全面干し柿ののれん状態。
満月家の秋の風物詩。秋色のれん。

もう少ししたらいつでも手の届くところに甘~い誘惑、、。
小腹がすいたら子供も大人もささっと取ってぱくっといっちゃいます。
時々狸もやってきてぱくっといっちゃっている様子(勘弁してくれ~)

お宅の軒先も甘~いのれんで秋色に彩りませんか?

週末は親水テラスでお会いしましょう♪

f0199668_20405625.jpg
さてさて、新米ですが、お蔭様でうるち米は完売いたしました。
ありがとうございました。
沢山の方にご予約、ご注文いただきましたのに、収穫量が追いつかず、すこしずつ皆さんへのお届けの量を減らして対応させてもらっています。
ごめんなさい。
来年は頑張ってもっと沢山つくります!!
ご予約いただいていました方、順番にお届けに伺いますね。
もち米、古代米はまだまだありますのでよかったらあわせてどうぞ~。

それから、満月模様の田んぼ、お月様の部分を刈り取って、新月模様になっています。
新月模様の田んぼの古代米を今週の木曜日、22日に稲刈します。土日にどうしてもいらっしゃれない方がいるので木曜日です。
よかったらこちらにもいらしてくださいね。
ご連絡お待ちしてま~す。
[PR]
by mangetunouen | 2009-10-18 22:40 | お知らせ、イベント
自給自足ってやつです。

f0199668_1742364.jpgじゃ~ん!恥ずかしながら我家の晩御飯です。
新米の玄米ご飯、お味噌汁、切干大根の煮付け、ナスの煮物、漬物三種、番茶、、、
なんて地味で質素な食卓。
この日は切り干し大根の煮付けのなかの高野豆腐とお塩とお醤油以外はお茶も漬物も味噌も野菜もお米もすべて自家製。
普段なにげな~く日々やっていると当たり前に感じていますが、考えてみると自給自足ってやつで、今の世の中ではとっても贅沢なことなんではないか、、、とはたと思ってみたりしました。
毎日うちで採れたお米に新鮮な野菜に漬物をお腹いっぱい食べられるなんて幸せなことです。

原発のこと、色々な立場の方がいて、それにはやっぱりお金がからんできていることが最近よーく解ってきました。
お金、ないと困りますよね~。
過疎の村や島ではお金を得る為に働くところがない、村の財政も立ち行かない、だから、原発やらなんやらいろいろな誘致の話がもちあがったり。
中電がいろいろなマスコミや財界のスポンサーだったりするもんだから原発の怖さをマスコミや政治家が取り上げにくい状況であったり。
困ったもんです。

みんなが自給自足であった昔の生活から現代の生活はかけはなれていきすぎているからこんなにもお金が重要になってきているんじゃないかな、と私、思うんです。
みなさん、お庭でも、プランターでもいいんで少しづつでも畑、耕しましょ!

f0199668_1742329.jpg平和の和という字、左ののぎ辺は稲科の植物を意味し、右は口。
穀物を食べていればピースでいられるってiいう意味があるようです。
私という字、やっぱりのぎ辺にム、ムはハムとかカムの意味。
やっぱり穀物をたべてこその私。
、、、あなたも水田、はじめませんか?

満月農園の稲刈も残すところ古代米のみ。
自然の恵みに感謝すべく、地域のお祭りがありました。
夫も「若い衆」ということで神輿を担がせてもらいました。
いや~、収穫後の祭りっていいもんです。
豊かさってこういうことです。来年もお天道様よろしくです!


f0199668_174237.jpg先週からはじまりました、チューピーパークの有機野菜市、先週の土日は満月農園もちっちゃくですが出店しました。
葉付き人参が何故だか大好評でした。
あまり葉付きの人参を見る機会がないようで、かわい~といって買ってくださる方続出!
かわいいだけでなく、食べてもおいしいので捨てず食べてくださいね。
硬い茎のところははずしておひたしや炒めものに是非。
一番のお勧めは天麩羅です。人参のはっぱだけの天麩羅でも充分おいしいですよ。

f0199668_1742350.jpg満月兄、この日は有機農家さんたちにまじってお店番。
「おなかすいた~!」といって人参丸ごとパクリ!
お隣のモンドウ農園さんの有機の新米のおにぎりも頂いて、丸ごと人参をおかずにお昼ご飯で~す。

f0199668_1742338.jpgむしゃむしゃ、もぐもぐ、生の人参をおいしそうに頬張る姿はまるでお馬さん(笑)
とっても出来のよい看板息子です(笑)
[PR]
by mangetunouen | 2009-10-18 17:42 | 日々
記者会見終わりました。ご協力ありがとう御座いました。
 この度、私たちの「上関原発を考える広島20代の会」の呼びかけに賛同してくださった方たちへ

まず、今回の呼びかけに賛同してくださった方は最終的に371名となりました。
賛同いただいた皆様、本当にありがとうございました。

前回の記事で山口県から申し入れを拒否されていることをお知らせしましたがその連絡を受けた
私たち呼びかけ人はどうしても納得がいかず、また、賛同頂いた方達の意思を無駄にしたくない
との思いから、山口県庁内の記者クラブでの会見という形で山口県へ隣の広島県から
上関原発計画に対する反対・疑問・不安の声があることを伝えようということになりました。

昨日の10月14日、「上関原発を考える広島20代の会」呼びかけ人4名と、心強い助っ人2名に
未来の20代のちびっ子2名も加わり、佐々木山口県議と小中元県議に付き添っていただき、
山口県庁へ向かいました。

記者会見は13時からの予定でしたが12時半少し前に、商政課なら申し入れを受けても良いと連絡がありました。
佐々木県議が、広島の若者たちの意思を無駄にはできないと、最後の最後まで粘って交渉してくださったのです。

ただし、申し入れの受け取りについては以下の条件付きでした。

・ 記者会見が始まる13時以前に、マスコミは同席せず行うこと
・ その場で質疑応答などは行わないこと
・ 要望書について受け取りはするが返答はしないこと

受け取る担当者は、商政課の課長さんでした。

申し入れの場では、呼びかけ人の中から岡田が要望書を受け渡ししました

その際、岡田の方から「当初は申し入れを拒否されていましたが、何故なのでしょうか」と担当の方へ
質問がありましたが「佐々木県議にお話しているとおりです」としか答えていただけません。

山戸の方からも、「誤解のないようご自身の口からも説明された方がいいんではないでしょうか」
という発言もありましたが「佐々木県議にお話しているとおりです」と、同じ返答。

佐々木県議から後で再度確認しましたが、当初の拒否の理由は

①県外からの申込であること
②市民団体はたくさんあり、賛成の方も反対の方もいるからね・・・

とのことです。
特に、①については申し入れの調整をお願いした一番最初、担当者から出た言葉が
「広島県の人なんでしょう、広島でやってればいいじゃないですか」という言葉だったそうです。

確かに私たちは山口県民ではありません。
が、上関原発の予定地は、同じ山口県の下関市よりも、
広島県の広島市や宮島などのほうが距離的には近いのです。
お隣に住んでいる県の住民としてとても悲しい発言であると感じました。

その後記者クラブに場所を移し、13時から30分ほど記者会見をさせていただきました。

記者さんは10名ほど、ほとんどが山口県内の新聞・TVの方でした。

その場ではまず岡田が会を立ち上げた経緯・要望書の内容などをお話しして、
その後それぞれの呼びかけ人の思いや、この呼びかけに
賛同してくださった方たちからの声を発言させていただきました。

簡単ではありますがこちらのような内容となりました。

呼びかけ人の声

・1982年に計画されていまだに建設されていない上関原発はそもそもいったい誰の為の建設計画なのか、疑問がある

・原発ができれば、自分たちの世代の負の遺産になってしまう

・子供を不安のない環境で育てたい。子供たちには美しい自然を残してあげたい。

・いまも阻止行動が続いている平生町田名埠頭へは、山口県内だけでなく広島からもたくさんの
 応援が駆けつけている。呼びかけ人や同席した賛同者も皆、実際田名埠頭を訪れているが、
 祝島やカヤック隊をはじめとした山口県内の人も含めそれだけ多くの人が仕事を休んだり自分の
 時間を削ってまで参加する理由を考えてほしい。それだけ皆、自分の問題として感じている。

・広島県内の若い世代からはほとんど知られておらず、この呼びかけで知った人も多かった。
 建設予定地の上関町は、同じ山口県の下関よりも広島市の方が距離的には近い。
 行政の枠にしばられず、もっと多くの人の理解を得る必要があるのではないか

賛同者からの声

・瀬戸内海を守りたい。海はきれなままであってほしい。

・燃料のウラン採掘から稼動時、そして廃炉・解体と、たくさんの工程の中で多くの被爆者を
 生み出さなければ成り立たない原子力発電所で発電された電気は使いたくない。

・以前から気にはなっていたが、本当にできてしまうのか、とても不安である


また、昨日の会見について、各メディアの反応です。

●10/14 山口放送(KRY)で放送されました。
 http://kry.co.jp/news/news8701966.html

●山口県版ですが 中国新聞/朝日新聞/山口新聞/読売新聞の紙面に取り上げていただきました。

繰り返しになりますが、今回の呼びかけにつきましては賛同していただき
本当にありがとうございました。
全く知らない人、知ってはいたけどあまり考えないようにしていた人、
実は不安に思っていたけれど、どうしていいかわからなかった人・・・
本当にひとそれぞれ、たくさんの思いを頂きました。

また今回の呼びかけにつきましては年齢制限の途中変更などあり、大変ご迷惑をおかけしました。

これからの予定では、呼びかけ人個々で継続して上関原発建設予定を、若い世代に知ってもらう
活動を続けるとともに田名埠頭で行われている阻止行動への応援も続けて行きます。

昨日の記者会見の後、虹のカヤック隊として阻止行動に参加している岡田も山口県庁から現地へ戻りました。
今日も幸い、何事もなく一日を終えたようです。

こうやって、今日も無事だっただろうか、大丈夫だろうかと
現地のことを想って不安になり、心配している人が全国にどれだけいることでしょう。
そう思うたびに、胸が苦しくなります。

今後は広島県庁への申し入れも考えています。
詳細が決まりましたらまたこちらでお知らせいたしますので、今後も何卒よろしくお願いいたします。

章人
[PR]
by mangetunouen | 2009-10-14 23:20 | 上関原発のこと
「原発を考える広島20代の会」の申し入れ
f0199668_5271093.jpgお早う御座います。章人です。
「原発を考える広島20代に会」
の山口県庁への申し入れの件ですが、先週はじめまで、県に掛け合っていましたが、県庁が申し入れを拒否しており、現在のところ、申し入れが不可能になりました。県の理由としては、

   ①色々な市民運動があり、県は全てには対応できない
   ②県外からの申し入れだから

との事です。  

申し入れ拒否の詳しい経緯や納得のいく理由ではないので、今後、わかり次第おしらせします。

   
そこで、申し入れが不可能になってしまったので、「記者会見」を山口県庁記者クラブで行えることになりました。県に対する要望に対して、沢山の賛同者が集まったことと、申し入れが拒否されたこと、私達の意見、などをはなすことになると思います。よろしくお願いします。
[PR]
by mangetunouen | 2009-10-11 05:28 | 上関原発のこと
満月農園のさつまいも掘りとビデオ上映会&茶話会
f0199668_1191510.jpg「No Nukes Relay (ノーニュークスリレー)」 ~瀬戸内海の海を原発から守りたいイベント~開催期間:2009 10/12~10/25
に満月農園も参加します。

日時 10月12日(祝)(雨天の場合は18日(日)に変更)

10時~さつまいもを掘って一汗流して右脳を活性化。

12時~のどかな農園の木陰でお弁当を食べてゆるゆると♪

1時~ 満月アキヒトが建てた自慢の馬小屋にてぶんぶん通信1or2鎌仲ひとみ監督の長編ドキュメンタリー映画の制作途中の報告を兼ねたビデオレター、KRY(山口放送)の夕方のニュース広島県ではほとんど報道されない上関原発関連のニュース映像のビデオ、チェルノブイリのドキュメンタリーの上映会と茶話会で子供達の未来について考えましょう。
どの映像を観るかは参加者で当日決めましょう。

3時頃~ 中締め
     希望者はその後も鑑賞、懇談可能です。
       
       子供達は野山で遊んでいてください。お山もあるよ♪
       (託児してくださる方募集中!)

場所  満月農園           
        広島県廿日市市津田594
        0829-72-2056

参加費 500円(収益は祝島に寄付します。) 
      掘ったさつまいもは100グラム50円でお持ち帰りできます。

持ち物 作業できる服装、軍手、タオル、お弁当、飲み物

子供連れ、ペット同伴大歓迎。
午前中または午後のみの参加もOKです。ご都合に合せて遊びに来てください。
一応人数把握の為,満月農園かこちらのコメント欄に鍵コメで前日までにご連絡いただけると助かります。
  
[PR]
by mangetunouen | 2009-10-08 11:57 | お知らせ、イベント
新米できました~!!!
f0199668_5471993.jpg台風が来るっていうんで一昨日から大急ぎではぜ干し中の稲の稲こぎをしました。
昨日は私も早朝から出動して作業しました。
重た~い、今にも大粒の雨粒が落ちてきそうな空をちらちらと見上げながら、どうぞ降りませんように、、と祈りつつ。
30キロ以上お米の入った重たい袋を何十袋か張り切って運んで、稲わらもどんどん運んで運んで、、、、、
張り切りすぎて、午前中だけでもうばてばて、腰が痛くてくの字の姿勢のおばあちゃん状態(涙)
午後からはくたくたで使い物にならず、満月弟とお昼寝をしてしまいました。
何事に対しても極端にしか動けない性格、これからは細く、長く、が目標です。

記念すべき満月農園の初めての新米ですが、まずもち米を玄米のまま炊いてみました。
今年は天候不順のせいかこの辺の米はみな青いそうで、我家のもち米も例にもれず青い米がかなり混じっていて味が心配でしたが、
ん~シアワセ!!!!
もっちもちでおいしいです。

10月10日、ちゅーぴーパークの有機野菜市は新米フェアー。
満月農園も新米とさつまいもをだしま~す。


新米をご予約いただいている方には順次配達の予定です。
お楽しみに♪
f0199668_5471996.jpg


はぜ干をすると手に入るのが大量の稲わらです。
このわらの山は去年のもの。
「わらぐろ」といって昔はどこの農家でもこうしてわらを保存していたようです。
一年前のわらも雨風にさらされる表面以外は腐りません。
畑に敷いたりするのに使います。
馬がいたら餌にもなります。
昔はわら縄や、むしろ、カゴ、わらじ、みのなどいろいろに利用されていたのでしょう。
我家にも何十年も前につくられたむしろがいまだに現役で、乾物を干したりするのに利用しています。

f0199668_5471948.jpg

こちらのはぜは両親の田んぼのはぜ。
黒米と赤米だけははぜ干しています。
手前が黒米、奥が赤米。(赤米の稲の長~いこと!植わっている様はススキのようでした。)

こちら昨晩の強風で見事に倒れていました(涙)


f0199668_5471954.jpg

先日も書きましたが、憎っくきヨトウ虫にやられて苗が全滅した場所に、再びいろいろ苗を植えました。
私達はうなぎを釣ったりする術を持ち合わせていない為(先日の記事参照)、神頼み。
そして苗頼み。
一株づつに
「頑張ってね~!!虫に負けないで大きくなるんだよ~!!!」
と話しかけながら(笑)

f0199668_5471949.jpg

さてこちらのごろんとした物体はなんでしょう?

正解はこんにゃくいもです。
こんにゃくいもがこんなに立派にできました。
このごつごつしたいもからあのぷにぷにこんにゃくを作ります。
季節の野菜セットにも入れますね~。
[PR]
by mangetunouen | 2009-10-08 05:47 | お知らせ、イベント
中学生~35歳までになりました。よろしくお願いします。
f0199668_15472815.jpg

10月6日追記
[上関原発を考える広島20代の会]はオンラインで賛同表明していただけるようになりました。
http://form1.fc2.com/form/?id=471641




訂正と、お詫び
上関原発建設に関心を寄せ、このブログをご覧になってくださった方へ
訂正と、お詫びがございます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
このブログの10/2付けでUPしたものの内容で、訂正箇所があります。
(現在は訂正後の文章が載っています)

今回の「上関原発を考える広島20代の会」による山口県への申し入れについて
参加者・賛同者として「広島県在住」の方であれば「年齢不問」とさせていただいておりましたが、
問い合わせも多く、このたび呼びかけ人の4名で話し合った結果

参加者・賛同者ともに中学生~35歳という年齢制限を設けさせていただきました。

ある一定の年代で線を引いてしまうのも、それ以上の年齢の方に
不快な思いをさせてしまったら、という心配もありましたが
元々申し入れをする動機付けとなった、
「建設計画時に生まれていなかった、幼児・赤ちゃんだった世代」
という範囲で区切らせて頂きました。
(そのほかマスコミに取り上げられた際のインパクトなども考慮に入れました。)

詳細がはっきり決まらないままの内容をお伝えする形になり、
すでに賛同のご連絡を頂いた方には大変申し訳なく、お詫び申し上げます。

既に賛同の旨をご連絡いただいている方へつきましては、個別でご連絡差し上げます。

もしブログ等で紹介いただいている方がいらっしゃいましたら、お手数ですが
この旨、追加でお知らせ頂けると助かります。

もしよかったら、という話でもないのですが・・・
本会の申し入れについて対象外の年齢の方は、山口県出身の方が中心となって立ち上げた
「未来につながる命を育てる会」が10月中に中国電力本社へ申し入れを予定していますので、
そちらのよびかけへ賛同して頂けると嬉しいです。

こちらは現住所・年齢問わず参加できますので、私たちの方へご連絡していただければ、とりまとめて私たちから「未来につながる命を育てる会」へ賛同者リストとしてお渡しします

もちろん「上関原発を考える広島20代の会」の申し入れに賛同くださる方も、
「未来に~会」の申し入れへもあわせて賛同可能です。
(申し入れ先が山口県と中国電力と、異なるため)

皆様のご厚意に、勝手ばかり言って申し訳ありません、
どうかご理解とご了承の程宜しくお願い申し上げます。

アキヒト

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]
by mangetunouen | 2009-10-06 06:30 | 上関原発のこと