やまのぼり ばけついっぱい どんぐりが
f0199668_23532683.jpg今日はスミレを発見しました♪
スミレの花はさっと湯がいておひたしにできます。
綺麗な紫色はゆでてもそのままに。
美しい小鉢が一品できますよ。

日に日に色んな春の草花が賑やかさを増し、春めいてきますね~。

f0199668_23532655.jpg

夫がいろいろ種まきをしてくれています。
これはとうもろこしの種をまいたところ。
私も子供達もみんな大好物の夏の野菜です。

f0199668_23532642.jpg

これはさつまいもを伏せこんで発芽させる為の温床を作っています。
糠、油粕、鶏糞、稲わら、腐葉土などを順番に入れてお水をいれて踏み踏み。
発酵して自然に発熱してくるのです。

私と満月弟は中に入ってひたすら踏み踏み。
砂浜で走るみたいに抵抗感があるのでかなりいい汗かきました。


f0199668_23532689.jpg満月兄、どんぐり拾いが大好きです。
こちらに引っ越してくる前は埼玉県に住んでいたのですが、埼玉といっても家のまわりがぐるりと360度どんぐりの木が茂ったジャングルのようなところにすんでいまして、周りには拾っても拾っても拾いきれないくらいどんぐりが落ちていて、どんぐり三昧な幼児期をすごしました。
こちらは以前ほどどんぐりの木が家の周りには生えてはいませんが、さりとて少し行けばいくらでもどんぐりが拾える環境にあるのに、やっぱりどんぐりを見ると一心不乱になってどんぐりを拾います。
小学校で書いた満月兄の川柳は
「やまのぼり ばけついっぱい どんぐりが」

f0199668_23532618.jpg今日も出先の公園でまるで珍しいものを発見したかのようにどんぐりを見つけて、拾いまくる、拾いまくる!
ズボンの両方のポケットもパンパン!おしりのポケットもパンパン!
「お母さん、どんぐりが重くてズボンがずれてきちゃうよ!」
「そんなにいつもどんぐりを拾ってどうするの?」
「何かあったときに使うんだよ」
「何かって?」
「ねずみを捕まえたりするときとか。ねずみは雑食だからね♪」(さも誇らしそう)

!!!!え~!!そうだったんだ~!!
理由あってのお仕事だったのね!!
母、脱帽です。
[PR]
by mangetunouen | 2010-03-22 23:53 | 日々


<< おじゃがを植えて野草を摘みましょう♪ 自然農の勉強会 >>