自然に産み、自然に育てる
f0199668_7541969.jpg大ファンである橋本ちあきさんの公演会をお友達が主宰するTsubomiが企画してくれました!
とっても楽しみなこの企画!
まだまだ一日目の公演会は空きがあるようです。

橋本ちあきさんのおはなし会
~自然に産み、自然に育てる~
マクロビオティックで見つめるからだと心の自然性
日時:2009.12.5(土)
午後2時から4時
(午後1時半開場受け 付け)
場所:広島市女性教育セ ンター(広島市中区 大手町) 5階ホール
会費:前売り 2000円

問い合わせ、申し込みはこちら
今田;08019256774
nrk._.78@docomo.ne.jp


私は2人の子供を産みました。

一人目の満月兄。
母がその昔、私を出産する以前の妊娠の際、早産の上、設備の整っていない病院出産だった為にその子を出産直後に亡くしている、、、という経験をもっているので、
予期せぬ妊娠でしたし、身近に出産している人がいなくて無知だったことも手伝って、なんとなく安全な場所で、、、なんて安易な気持ちで当時住んでいた町の近くの”自然出産”と歌っている個人病院で出産しました。
その出産経験は怒りすら覚えるくらいのとても納得のいかないもので、全く”自然”な出産とは思えなくて、憤慨やるかたない気持ちをず~とひきずっていました。
というのは多分今の産科医療では当たり前のことなのかもしれませんが、
私にはとても屈辱的に思えたんです。
スポットライトみたいなものすごい強い光を子宮口にあてらる、、、、
分娩台に手足を固定されて自由な姿勢をとることを許されない、、、、
助産師さんをはじめ沢山の医療者に次々に覗き込まれ、指を突っ込まれたり、機械を入れられたり、毛をそられたり、、、。
そして呼吸もいきみ方も指示される、、、。
出産後も自分のあかちゃんは新生児室につれていかれて自由に抱っこしたりすることすら許されない、、、。

どうして犬でも猫でも、誰に教えられるわけでもなくこっそり一人で自然に出産して、
育児書なんかに頼らなくても自然に子育てしていけるのに、
人間だけはあんなことされなくちゃ産めないんだろう、、、。
私の中にだって、子供を自然に自分の力で産み落とすくらいの自然性は残っているんじゃないだろうか、、、もっとひっそりと誰にも邪魔されずに産んでみたい、、、、と。

その後、満月弟を授かり、以前のような出産は絶対にしたくないと強く思っていたときに偶然出会った一冊の本が橋本ちあきさんの「自然に産みたい」でした。
橋本ちあきさんの医師や助産師の介助なしに5人の子供を産み、育てた記録です。

これだ!って感じでした。
そして満月弟の出産。
無介助で、自宅でリラックスして、自分と赤ちゃんの力を信じて、家族だけにみまもられて、お塩を入れたお風呂で海中出産(?)しました。
大満足なお産でした。


さてさて、今回のTsubomi企画、二日目の古民家でのお料理教室ですが(スミマセン、こちらはもう定員に達しました)、満月農園のお米や野菜を使っていただけることになりました。
尊敬する橋本ちあきさんにウチの子たちでお料理していただけるなんて願ってもないシアワセです!
いまからとっても楽しみ♪


f0199668_648507.jpg

”自然に育てたい”うちの満月兄弟。
毎日、耕やしたてのふかふかの田んぼで裸足で転がりまわってくれています。
平和で幸せな光景です。
[PR]
by mangetunouen | 2009-12-02 06:48 | お知らせ、イベント


<< お魚好きのみなさんへ ウチの人参 >>