フードフェスタは「広島アートスケープ」に出店しました。
f0199668_11444531.jpg10月24日(土)・25日(日)フード・フェスタの関連イベント、「広島アートスケープ」に満月農園も出店しました。
フードフェスタのほうはものすごい人、人、人、、のようでしたが、こちらは川辺でゆったり。
ゆるゆるライブを聞きながらのんびり店番。
一日目は河川敷の石畳の上だったのですが、通りがかりの人が寄りにくいのでは?ってことで2日目は桜並木の下の芝生に移動。
ここの場所が私はとっても気に入りました!
やっぱり日本人、石の上より草の上が落ち着きます。
気持ちいい生音と、気持ちいい仲間達(グラスルーツの皆様、ありがとう!)と、気持ちよさそうにぷらぷらと休日を散歩するお客さんたちとのおしゃべり。いい一日でした。

f0199668_11444540.jpgあつあつ焼き芋、大好評でした。
実際、激うまでした!
甘~くってほっくほく♪
夫よありがとう!

その他、葉つき人参、小松菜、満月京子特製スイーツ、はぜ干の新米、さわし柿などなど販売。

f0199668_11444573.jpg今回のメインは干し柿です。
もうできあがったものの販売と干し柿つくりのワークショップをしました。

普段は子供の手の届かない軒下の高いところに干してあるのですが、
→このようにお客さんが手に取りやすいように低めの位置につるしたのが間違いでした。

満月弟、縄から引きちぎってはむしゃむしゃもぐもぐ。
ん~おいちい!とまりません!!!
売り物なのに~と父ちゃん涙、、、

種まで丸呑みしているみたいで今日のうんちは柿の種がまるごと何個もでてきちゃいました(涙)

子供の舌も虜にしちゃうこの干し柿、まだまだ若い感じの今の干し具合、絶品です!
干し柿の注文、受け付けてますので是非!

f0199668_11444567.jpg

さて、干し柿つくりのワークショップですが、みんなに稲刈りをしてもらった稲わらで、干し柿をつるす縄をない(縄を編むことを”なう”といいます。)
渋柿をむいたものをつるしてお家に持って帰って数日ベランダで干して完成。

みなさん、最初はなかなか縄にならなかったりして苦心していましたが、でも最後にはとっても上手に丈夫な縄を作っていました。
きっと何世代にもわたって稲作を繰り返してきた私達日本人の遺伝子にはわら縄をなうことの記憶がどこかにインプットされているんじゃないんでしょうか。
私も夫も、うちの満月兄もたいして練習などしなくてもとても上手になうことができるようになりました。
こんな風にみんなで火かなんか囲んで秋の夜長に私達の祖先はわら縄をなったり、いろいろなわらの手仕事をしてたんじゃないかな、なんてことを思ったりしました。
[PR]
by mangetunouen | 2009-10-26 23:00 | 日々


<< 首を絞められたって、どういうこと!? 古代米の稲刈りとノーニュークスの絵 >>