稲に穂がついていました
f0199668_16455744.jpgしかし連日のすごい雨でしたね~。
今日は久々にいいお天気。
子供らとあちこち野菜やら生き物やらの健康観察。

雨やくもり続きで、きゅうりやナスなど夏野菜たちは花をつけることが出来ずに、少々しょぼくれている模様。

でも家のまわりの両親の田んぼの稲はこの雨と雷に生命力を促されたのか、ぴちぴち活き活き。
雨の中、ぐんと成長したように思います。

古代米の黒米は早くも穂をつけていました。

f0199668_16455733.jpg一輪車で夫が今日の収穫物を持ってかえってきました。
「わ~!!!!」
子供達と私、大歓声!
畑も元気のない子たちばかりではないのねっ!
あの大雨の中、こんなにたくさんの子たちが密かに呼吸して大きくなっていたなんて。
スイカにメロン、ソーメンうり、かぼちゃです。

f0199668_16455786.jpgばーちゃんはこの地方でずーっと昔から作り続けられているハブ草を収穫して、ハブ草茶つくり。
はっぱをしごきとってもんでもんで、天日に干す作業。
小さい頃からお茶といえばハブ草茶しか我が家にはなく、こればかり飲んで育ってきました。
なかなかおいしいお茶ですよ。

f0199668_16455768.jpg川にハブを発見したので近所のおじさんに連絡しました。
捕まえてハブ酒を仕込むのだそうです。
ハブは猛毒をもっているとっても危険な蛇です。
良い子はまねしちゃいけませんよ~。
私達もと~っても遠くから観ていました(笑)

f0199668_16455730.jpgはじめまして。
我が家の愛猫、あかにゃんです。

埼玉から去年、私達と共に越してきました。
新天地は野良猫がわんさかいてものすごい下克上、戦国の世。
いまだに戸外になわばりが築けないのか、うんちもおしっこも家の中の猫トイレでしかできません。

でもなかなかの野生猫ですよ~。
ねずみやトカゲ、小鳥など、いつも捕獲して私達に見せにきてくれます(汗)

そして今朝は朝帰り。
ここんところの雷と雨で漬物部屋の物陰にひっそりかくれていたものですから、久々の遠征だったのでしょう。
徹夜明けの蒸し暑いこんな日は、ここが一番風が通ってすごしやすいのかな。
[PR]
by mangetunouen | 2009-07-27 16:45 | 日々


<< 資料館の屋上と広島の町をを自然... 贈り物に、帰省のお土産に >>